見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 車両保険に安く加入するには

車両保険は必要か?

自動車保険は大きく分けると3つの補償に分かれます。

整理してみますと、

 ■ 相手に対する補償としての「賠償責任保険(対人賠償・対物賠償)」
 ■ 自分や同乗者に対するケガなどの補償としての「傷害補償保険(搭乗者傷害・自損事故・無保険者傷害・人身傷害補償)」
 ■ 自分の車に対する保険としての「車両保険」


となります。

このうち、付けるか付けないで迷うことが多いのが「車両保険」です。

しかし、車両保険は、事故によって契約している車が損害を受けた場合に、修理代などが保険会社から支払われるものですから、必要かどうかを迷うようなものではなく、やはり付けるべき保険だと言うことははっきりしています。

ではなぜ車両保険を付けるか付けないかで迷うかというと、車を運転する機会がきわめて少ないからと言ったことがほとんどの理由なのですね。

当然車両保険を付けなければ、保険料はかなり下がりますので、ほとんどペーパードライバーに近い人がこれを付ける必要があるかどうかと言えば、答えに窮するところはあります。

でも冷静に考えれば、どんなに運転回数が少ないと言っても、全くのぺーパードライバーでも無い限り路上には必ず出るわけです。いったん路上に出てしまえばどんな事故にあうかは誰にも分かりません。

数万円や十数万円程度なら何とか修理代もかき集められるかもしれませんが、それ以上の金額になると、ある程度余裕資金が常に無いと、資金調達は難しく、そのためにフリーローンなどを組まなくてはならないケースも考えられます。

大げさに思うかもしれませんが、家計に深いダメージを与えないためにも、車両保険は必ず附帯するべきでしょう。車両保険が不要だと言えるのは、いつでも自己資金で修理代を出せるという方かと思います。

なお、格安で購入して修理せずに乗り潰すつもりの車なら、車両保険をつけなくても良いでしょう。

また車両保険は、補償範囲で4種類に分けられます。もし保険料を考えるなら、この車両保険の補償範囲をどのあたりに設定するかで、検討してみてはいかがでしょうか。

車両保険を補償範囲で分類すると、

 ■ 一般車両保険 →「他車との衝突」「盗難・置き引き」「自然災害」「自損事故」「当て逃げ」
 ■ エコノミー+限定A →「エコノミー」と「限定A」。一般車両保険から「自損事故」「当て逃げ」を省いたもの
 ■ エコノミー 「他車との衝突」
 ■ 限定A →「盗難・置き引き」「自然災害」


の4つに別れます。

保険会社によって、若干分類がコンパクトにまとめられている場合がありますのでその都度確認してください。

また「エコノミー+限定A」は「エコノミー」と「限定A」を合体させたものです。ですからもし覚えるなら「一般車両」と「エコノミー」と「限定A」の補償範囲を覚えればよいでしょう。

車両保険を安くする方法

車両保険に安く加入する方法といっても残念ながら裏技はありません。しかしいくつのポイントを意識することで、将来的に保険料を下げて行くことは十分可能です。

その方法のまずひとつは、料率クラスの安い車を選ぶと言うことです。車両保険の保険料は車種ごとに設定されている保険料率があります。

車両保険はこの料率を元に保険料が計算されているのですが、この分類を料率クラスといって9つのクラスに分類されています。

例えば料率クラス1にはスズキのジムニーなどがエントリーされていますが、クラス9になるとフェラーリなどが入っています。つまり、事故を起こした際の修理代が高くなってしまう高級車両ほど高いクラスになり、比較的修理代が安く済むような車がクラスが低くなり、保険料が安くなるのですね。

まあ、これは当然と言えば当然です。そしてこの料率クラスは1年ごとに見直されていて、各保険会社に問い合わせれば教えてもらえます。

車両保険を安くしたいなら、この料率クラスは必ず意識しておいたほうが良いでしょう。

もう一つは免責金額をできる範囲で高く設定しておくと言うことです。免責金額とは、事故を起こして修理をする場合の自己負担額のことです。

もちろん免責金額をゼロとしても良いのですが、いくらかでも免責金額をつけておけば車両保険の負担は軽減されます。

例えば5万円程度なら自己負担できそうな場合は、5万円と免責金額を設定して、車に乗るときに「事故を起こしたら5万円払わなければならない」とプレッシャーをかけてみてください。いやでも無理な運転はしないようになるのではないでしょうか。

まあそれはともかく、自分で負担できる無理のない範囲で免責金額を設定しておけば、確実に車両保険の保険料は下がります。

そして次にやっておきたいのが、たくさん見積もりをとってみると言うことです。自動車保険は全く同じ条件でも保険会社によって保険料がたしかに変わってきます。

と言うことは、「ここは口コミでも安いとなっていたから、他から見積もりをとる必要も無いか・・・」と考えていても、実際にいくつか見積もりをとって比較してみたら予想に反した結果がでるということはよくあることなのです。

従って、数打てば当たる方式になるかもしれませんが、一度ぐらいは、そこそこの数の見積もりをとってみることをおすすめします。お金がかかることではありませんから、時間と少しの労力を惜しまないでみてください。

あとは車両保険に限った事では無いのですが、やはり無事故を続けて等級を年々あげて行くことは、一番確実な保険料節約術です。

そして年齢条件を忘れずに設定しておくことや、運転者限定を付けておくことも大事なことですね。また利用環境によって違ってきますが、年間走行距離を抑える事も保険料の節約に繋がります。

とにかく、保険料が下がる特約や、該当する割引はもれなく付けるぐらいの意識で取り組んでいただければと思います。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック