見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 割り引きシステムを120%活用

セカンドカー割引について

自動車保険の契約で注意したいのは、必要な補償はしっかりつけるけれど、割引が適用になる項目はもれなくセットするという点です。

車の所有も一家に一台の時代は遠いむかしの話で、今は一人に一台が珍しくなくなりました。若い世代を中心に車離れが進んでいますが、親と同居している世帯の場合や、地方の共働き世帯では車が2台以上あるというのが普通のことです。

そこで忘れずにつけておきたいのが「セカンドカー割引」です。

セカンドカー割引は、大抵の自動車保険で対応している割引ですが、「複数自動車所有割引」、「複数所有新規割引」、「複数所有新規契約者に対する特則」など、自動車保険によってその名前が異なる場合があります。

もちろんこれらはすべて同様の内容となっていて、自動車共済でも扱われています。

このセカンドカー割引とは、2台目以降の車の自動車保険の等級を7等級からスタート出来るというもので、年齢条件によって割引率は違ってくるものの、セカンドカー割引を使わないで普通に6等級からスタートするより、保険料が2割、3割は確実に違ってきます。

セカンドカーは割引率の高い特則ですから、条件が該当する場合は忘れないでつけるようにしましょう。

なお、1台目の自動車保険と2台目以降の自動車保険が違っていてもセカンドカー割引は使えます。この場合は自分から申告しない限り、保険会社のほうでは分かりませんので、忘れないで申告してください。

セカンドカーが使える条件としては、ノンフリート等級が11等級以上で、一般的には、2台目以降のクルマの所有者及び保険契約の名義人が1台目と同じで、かつ個人である必要があります。

ただし最近では、1台目の車両所有者及び記名被保険者と同居している親族(配偶者、子など)で、かつ個人であれば、セカンドカー割引を適用できる保険会社が増えてきていますので、契約の前に確認しておきましょう。

安全運転講習会受講割引について

自動車保険の保険料を安くする上で欠かせないのが、安全運転の実績を積むことです。事故リスクの高いドライバーはいつまで経っても、自動車保険料を安くすることが出来ませんが、保険料を安くするためというよりも、事故の悲劇に巻き込まれないために、また大切な家族のためにも、安全な運転を強く意識したいものですね。

「安全運転講習会受講割引」は、国が定めた指定教習所で行われる安全運転に関する講習会を受講した場合に適用になる割引制度です。

割引の適用には、保険期間以前12ヶ月以内の、指定自動車教習所で割引対象の認定教育を受講したことを証明する「修了証」と、前年に無事故であることが条件とされています。

なお安全運転講習会受講割引の割引率は5%となっていて、取り扱いのある自動車保険は限られてきますが、是非活用しておきたい割引制度のひとつです。

割引の対象となる運転免許取得者教育には、運転経験の少ない人を対象とした「1号課程 ぺーバードライバー課程」、高齢者ドライバーに対する「4号課程 シニアドライバー課程」、気候・地形その他の地域特性に応じた運転技術、知識を習得するための「5号課程 地域・特別課程」、運転に関する技術・知識を習熟しようとする方を対象とした「9号課程 ステップアップ課程」があります。

自動車免許取得、再取得などのために義務づけられている講習を受講したとしても、それらの受講は、もちろん割引の対象となりませんので注意してください。

安全運転講習会受講割引以外で、安全運転に関する実績や取り組みが評価されて保険料が割引になるものには「ゴールド免許割引」がありますが、安全運転を意識していても駐車違反などでブルー免許に甘んじている方も多いはず。

安全運転講習会受講割引なら指定講習さえ受講していれば、確実に保険料を割安に出来ます。時間が取れる方は受講してみてはいかがでしょうか。

お早め契約割引について

自動車保険の満期が近づくと保険代理店から電話や郵便で、自動車保険の継続のお誘いがきます。

このときに思うのは、「このまま同じ自動車保険で継続していて良いのだろうか」と言うことです。

もちろん現在加入している自動車保険を決める際に、色々検討した末に選んだという経緯があれば、特別な問題が無い限り同じ保険を継続することになるでしょうが、おつきあいで加入している場合はかならず迷いが出てくるものです。

でも間際で考えようとしても「満期が近いし時間もないから、やっぱり来年で良いか・・・」と、結局検討することを先延ばしにしてしまうものなのです。これではいつまで経っても自主的な自動車保険選びなど出来ません。
保険選びは、自動車保険でも時間がかかるものなのです。是非余裕をもって検討してください。

また余裕をもって保険を選ぶと、自動車保険もお得な割引を利用することが出来ます。その割引が「お早め契約割引」です。

「お早め契約割引」は、契約始期日の指定期間前までに契約の申込をすると保険料が割引になるというもので、指定期間は45日、割引率は5%程度という保険会社が多いです。
ただし自動車保険によって、お早め契約割引が「インターネット割引」との併用が出来ない場合もありますので注意してください。

またソニー損保のように2台目以降の車を事前登録しておくことことで、その2台目の自動車保険料が割引の対象となるタイプのお早め契約割引もあります。このように同じお早め契約割引でも自動車保険によって取り扱いに若干違いがありますので、よく確認のうえ選んでみてください。

いずれにしても自動車保険の間際選びは間違いのもとです。真剣に検討したい場合は時間に余裕をもって、じっくり比較検討してくださいね。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック