見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険の特約について

必要な特約といらない特約について

保険には、その保険の基本補償となる「主契約」に追加することで、補償を充実させることができる「特約」というものがあるのはご存じだと思います。

もちろん自動車保険にもこの特約があり、その数もかなりありますのでどれが必要な特約で、どれがそれほど必要ではない特約なのかすぐ分からない方も多いかと思います。

損保代理店を通じて自動車保険に加入する場合は、代理店さんのほうで特約を設定してくれるので、それを信じて契約することが多かったと思いますが、はじめて通販の自動車保険を使おうという場合は、基本的に特約の選択も自分で行うことになります。

この場合は、今加入している自動車保険の証書を見ながら、どんな特約が付いているか参考にしてみると良いでしょう。

ただ、この保険証券も、慣れていないと見てもさっぱり分からないかもしれません。また主契約の基本補償は、これまで加入してきた自動車保険と、これから加入しようとしている通販型の自動車保険とでは微妙に違ってくる可能性もあります。そうなると特約の付け方も変わってきますのでちょっと心配ですよね。

通販タイプの自動車保険をはじめて利用しようと考えているけれど、自分の特約設定がどうしても不安だという方は、まず既加入の自動車保険を参考にしながら、一度見積もりをとってみてください。

そして身近な人の中に、運転歴が長く自動車保険に詳しい人が必ずいると思いますので相談してみましょう。

またどうしても知っている人だと相談できないという方は、ショッピングセンターなどにブースを構えている「保険相談コーナー」で保険の内容を相談してみると良いと思います。

こうした保険関係のブースは最近多くなってきていますが、相談を担当しているのはファイナンシャルプランナーなどの保険の専門家です。

もちろん相談を受けるだけが仕事ではなくて、最終的に保険募集にあるのですが、募集姿勢として、自分たちのカウンセリング力を認めてもらった上で保険加入を検討して頂くといったものなので、あとからしつこいセールスを受けるような心配はいりません。

ただし、露骨に相談だけという態度では、無料カウンセリングとは言え、ちょっと失礼です。できればその方のアドバイスが良ければ、その方を通じて保険契約しても良いというぐらいの、真摯な気持ちで相談に行くと良いのではないでしょうか。

また、当サイトの内容もぜひ参考にしていただければと思います。

補償を充実させれば、当然保険料は高くなります。従って無駄な特約はつけないようにすることがたしかに大事なのですが、自動車保険の場合一番厄介なのは、損害を受けたり損害を与えたりする相手が「人間」というケースがあるという点です。

自分のことだけで済む保険と、相手(人)が絡んでくる保険はやはり違うもので、特約の設定ではその点に注意しないと、何のための自動車保険なのか・・・ということにもなりかねません。

基本的に自動車に関係のない補償や、生保でカバー出来ている補償まで自動車保険で追加補償する必要がないことは分かると思いますが、安心のためにこれは是非つけておいた方が良いという特約や、保険料を節約できる特約はきちんと確認しておきたいところです。
是非そのあたりも踏まえて、検討していただければと思います。

傷害保険特約について

傷害保険特約と呼ばれるものには保険会社によっていくつか種類・呼び名が違ってきます。少し分かりやすく区分けしますと

 ■無保険車傷害特約
 ■搭乗者傷害特約
 ■自損事故(傷害)特約


が従来型の、傷害保険特約の構成でした。しかし、これからなら

 ■人身傷害補償特約

のみ附帯していただくだけで十分かと思います。

人身傷害補償特約は従来型の傷害保険特約のデメリットをカバーできるだけではなく、あらゆる事故の局面で安心の補償が得られます。保険料が予算内に納まるのであれば、人身傷害補償を附帯することをおすすめします。

人身傷害補償特約は、事故により身体に損傷を被り治療となった場合、過失割合の決定を待たずに必要額が受け取れます。この必要額はあらかじめ定められた契約金額を上限として、該当事故で死傷したことにより、その人が失った経済的利益を計算した金額となり、治療費・休職はもちろんですが、死亡や退職によって失った収入、遺族の精神的苦痛などをすべて加味して算出されます。

また、該当事故で重度障害になった場合なども、精神的苦痛や労働制限などが加味されますので、設定された保険金額によってはかなりの高額になる場合もあります。

そして事故の相手が示談・交渉に応じない場合、任意保険に加入していない場合、逃走して行方が分からない場合も、上記の保険金が支払われますので、きわめてイレギュラーなケースにも対応できる補償となっています。この点はこの特約の素晴らしいところでしょう。

補償の対象は「運転者を含む搭乗者全員」であり、記名被保険者の家族の場合は、被保険自動車に搭乗中の事故以外でも、歩行中、また他の車に搭乗中(自家用5車種に限るなど、車種は限定されています)に起きた自動車事故でも補償の対象になります。

そして、もちろん、自賠責保険・対人賠償保険・搭乗者傷害保険とは別に保険金が支払われます。

家族がいる方や、よく車を使う方は必ず付けていただきたい特約です。

等級プロテクト特約について

自動車保険は、安全運転を続けているドライバーほど保険料が安くなる仕組になっています。そして運転者の安全度を数値にしたものが、いわゆる「等級」です。

等級には1等級から20等級までありますが、はじめて自動車保険に加入すると6等級からスタートすることになります。保険を契約してから1年間無事故と通すと1等級ずつ上がりますが、事故を起こして保険を使うと3等級ダウンします。

「等級プロテクト特約」というのは、1回目の保険事故についてのみ等級ダウンを据え置くという特約です。
仮に6等級で初めての年に事故起こして保険のお世話になった場合、等級プロテクト特約を附帯していない場合は、翌年の更新は3等級となり保険料も上がってしまうのですが、等級プロテクト特約を附帯していれば、6等級のまま据え置かれて更新することができるわけです。

1回の事故で3等級下がると、もとに戻すまで無事故で3年かかります。6等級から3等級に下がると保険料も3割近く変わってしまいますが、等級プロテクト特約をつけている場合と比べると、その後ずっと無事故で通したとしても、ずっと3等級下の高い保険料を払い続けることになります。

ペーパードライバーでない限りずっと無事故で通すことは出来ないと思いますが、1年に2回も保険のお世話になる確率も低いということを考えると、等級プロテクト特約が、かなり保険契約者にとって有利な特約かが分かると思います。

そのためか、等級プロテクト特約を扱っている自動車保険が最近は少なくなってきています。また等級プロテクトをつけていても、別の保険会社で更新した場合は、据え置かれた等級が引き継げず、ダウン等級する場合もあります。

これは保険会社によって扱い異なりますので、更新時や特約を附帯する場合は必ず確認しておきましょう。

なお通販型の自動車保険では、等級プロテクト特約を扱っているところが現在チューリッヒのみです。代理型の自動車保険でも(今でも限られていますが)今後は取り扱いが減っていくのではないかと思います。

この特約の必要性は、運転歴と現在保持している等級によって違ってくるものと考えます。免許取りたての方や、運転歴の浅い方は附帯するメリットは大きいと思いますが、ある程度等級の高い方にとっては優先順位は低いでしょう。

また特約料もやや上昇傾向にありますので、ベテランドライバーは自力の安全運転で、自分の等級を守ってみてはどうでしょうか。

子供追加特約について

自分の子供が車の免許を取得して、自分の所有する車を運転するような場合は、通常自動車保険の年齢条件を変更する必要があります。

例えば現在の自動車保険の年齢条件が「30歳以上補償」としている場合、18歳の子供がこの車を運転するのであれば、自動車保険の年齢条件を「年齢無制限」にする必要が出てくるわけですね。

ここで困るのが、年齢条件を下げたり無制限にすることで、保険料が一気に高くなってしまう点です。

こうした状況で便利に活用できるのが、「子供追加特約」です。子供追加特約を附帯すれば、自分が運転している場合はこれまで通り「30歳以上補償」などの、元の年齢条件が適用され、子供運転する場合のみ「年齢無制限」といった設定にすることができるのです。
つまり、この特約をつけることで、ひとつの自動車保険にふたつの年齢条件が共存しているということになります。

特約を附帯することでもちろん保険料は上がりますが、全く子供の年齢条件に合わせてしまうよりは、保険料の上昇を抑えることができますので、同様の状況にある場合は附帯しておきたい特約です。

子供追加特約が適用される条件は、保険会社による大きな違いはありませんが、詳細は必ず確認するようにしてください。

まず、記名被保険者が個人であり、対象車は個人の自家用車であること、また子供所有の車ではないことといった点、また、運転者夫婦限定・運転者本人限定特約は同時に付けることはできななどは、各社ともまず同様です。

ただし子供の条件で、別居の未婚の子(両親と同居していない結婚歴のない子)が対象となるか、ならないかで若干違いが出てきます。

例えば、同居の子は別ですが、別居の未婚の子は、主な運転者の年齢条件に含めなくてよいとする自動車保険もあるので、世帯構成を考えて自動車保険を選ぶ場合もあると言うことですね。

また、対象車をおもに子供が運転するという場合は、子供追加特約をつけることが出来ません。たとえば親の名義の車が複数あって、そのうちの特定の自動車について、子供主体の車にするという場合などは、特約を利用することが出来ないので注意してください。

臨時運転者特約について

自動車保険は運転者の年齢条件によって大幅に保険料を節約できるのですが、設定年齢条件以下の人が運転する機会が必ずあるという方は、年齢条件をわざわざ「無制限」にして、高い自動車保険料を負担している場合もあるのではないでしょうか。

そんな方に検討していただきたい特約が「臨時運転者特約」です。

臨時運転者特約とは、自分の車を友人や知人が運転する機会があると言う方におすすめの特約です。

この特約をつけておくと、設定している年齢条件より若い友人・知人に代わりに運転してもらうような場合でも、事故については年齢を問わずに補償対象となりますから安心です。

よく仲間と連れだって日帰り旅行に行くことが多いという方や、友達の家族とレジャーを楽しむために、大きなワゴン車を購入したという方などは、この特約を検討しておくと良いのではないでしょうか。

臨時運転者特約を付ける場合、この「臨時運転者」の定義をしっかり理解しておきましょう。

臨時運転者に該当しないのは、記名被保険者、そしてその配偶者、同居の親族、別居の未婚の子(婚姻歴がある方を除く)、家族の業務に従事している使用人、自動車を取り扱うことを業務としている人、とやや細かく掲げられていますが、分かりやすく考えるなら、臨時運転者とは、家族や親族以外の純粋な友人・知人と考えると良いのでしょう。

また、「家族の業務に従事している使用人」というケースは、自営で商売などをされている場合のことになります。自動車保険では、親族ではなくても従業員を臨時運転者には該当しないという考え方をしているということです。

唯一、意外な例外は別居の子で既婚者です。結婚して家を出ている子供が帰省の際に、親に代わって運転するという場合は意外に多いかと思います。

こうしたケースでは、子供でも、すでに結婚して独立している場合は、家族ではなく臨時運転者に該当しますので、特約を検討しておくと良いでしょう。

家族限定特約について

保険対象自動車の運転者を「家族」に限定する特約を「(運転者)家族限定特約」と言います。この家族限定特約を附帯すると自動車保険の保険料が約5%程度割安になります。ただし、この特約を付けた場合に、家族以外の方が運転して事故を起こしても保険金は支払われませんから注意しなければなりません。

従って、家族以外の方が運転する可能性が高い自動車であるにもかかわらず、保険料を割安にしたいからという理由だけで家族限定特約を附帯するのはおすすめ出来ません。

逆に、この特約を附帯することで、家族以外の人を運転させないと決めることができるのであれば、それは良いのではないでしょうか。
所有している車に愛着がある方の場合、こうした考え方をされるのではないかと思います。

なお家族限定特約の「家族」とは、記名被保険者とその配偶者、また双方の同居親族、また婚姻歴のない別居未婚の子となり、対象となる車は自家用常用乗用車です。

この家族限定特約以上に運転者を限定する特約設定もあります。それが「運転者夫婦限定特約」と「運転者本人限定特約」です。

両方とも運転者を「夫婦だけ」、また「本人だけ」と限定しますので、もともとそれ以外の方が運転しないような利用環境か、特約を付けることで、運転者をあえて限定させてしまうという考え方で設定することになります。

運転者家族限定特約の必要性は、全く利用者の任意といえるでしょう。避けなければいけないのは、限定する利用環境にない車に特約を付けてしまうことです。

ただ、意外とこの利用環境にいる方は多いのではないでしょうか。1年間を振り返ってみて、家族以外で自分の車を運転した事があるかどうかを考えてもらえれば、案外何年もそんなことが無いという方は多いはずです。

自動車保険は、長期契約を除いて、必ず1年に1回は見直しをします。過去1年間を振り返ってみて、1度も他人を運転させたことが無いという場合は、1年間だけでも付けてみてはいかがでしょうか。

自動車保険には、人身傷害補償特約のような付ける必要があるけれど、保険料が高くなってしまう特約があります。家族限定特約のような、何もしなくても保険料が下がる特約ならなるべく付けてみて、他の特約を付加できるように予算枠をつくっておくと良いのではないでしょうか。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック