見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > オススメの特約について  > 家族限定特約

家族限定特約について

保険対象自動車の運転者を「家族」に限定する特約を「(運転者)家族限定特約」と言います。この家族限定特約を附帯すると自動車保険の保険料が約5%程度割安になります。ただし、この特約を付けた場合に、家族以外の方が運転して事故を起こしても保険金は支払われませんから注意しなければなりません。

従って、家族以外の方が運転する可能性が高い自動車であるにもかかわらず、保険料を割安にしたいからという理由だけで家族限定特約を附帯するのはおすすめ出来ません。

逆に、この特約を附帯することで、家族以外の人を運転させないと決めることができるのであれば、それは良いのではないでしょうか。
所有している車に愛着がある方の場合、こうした考え方をされるのではないかと思います。

なお家族限定特約の「家族」とは、記名被保険者とその配偶者、また双方の同居親族、また婚姻歴のない別居未婚の子となり、対象となる車は自家用常用乗用車です。

この家族限定特約以上に運転者を限定する特約設定もあります。それが「運転者夫婦限定特約」と「運転者本人限定特約」です。

両方とも運転者を「夫婦だけ」、また「本人だけ」と限定しますので、もともとそれ以外の方が運転しないような利用環境か、特約を付けることで、運転者をあえて限定させてしまうという考え方で設定することになります。

運転者家族限定特約の必要性は、全く利用者の任意といえるでしょう。避けなければいけないのは、限定する利用環境にない車に特約を付けてしまうことです。

ただ、意外とこの利用環境にいる方は多いのではないでしょうか。1年間を振り返ってみて、家族以外で自分の車を運転した事があるかどうかを考えてもらえれば、案外何年もそんなことが無いという方は多いはずです。

自動車保険は、長期契約を除いて、必ず1年に1回は見直しをします。過去1年間を振り返ってみて、1度も他人を運転させたことが無いという場合は、1年間だけでも付けてみてはいかがでしょうか。

自動車保険には、人身傷害補償特約のような付ける必要があるけれど、保険料が高くなってしまう特約があります。家族限定特約のような、何もしなくても保険料が下がる特約ならなるべく付けてみて、他の特約を付加できるように予算枠をつくっておくと良いのではないでしょうか。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック