見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > オススメの特約について  > 子供追加特約

子供追加特約について

自分の子供が車の免許を取得して、自分の所有する車を運転するような場合は、通常自動車保険の年齢条件を変更する必要があります。

例えば現在の自動車保険の年齢条件が「30歳以上補償」としている場合、18歳の子供がこの車を運転するのであれば、自動車保険の年齢条件を「年齢無制限」にする必要が出てくるわけですね。

ここで困るのが、年齢条件を下げたり無制限にすることで、保険料が一気に高くなってしまう点です。

こうした状況で便利に活用できるのが、「子供追加特約」です。子供追加特約を附帯すれば、自分が運転している場合はこれまで通り「30歳以上補償」などの、元の年齢条件が適用され、子供運転する場合のみ「年齢無制限」といった設定にすることができるのです。
つまり、この特約をつけることで、ひとつの自動車保険にふたつの年齢条件が共存しているということになります。

特約を附帯することでもちろん保険料は上がりますが、全く子供の年齢条件に合わせてしまうよりは、保険料の上昇を抑えることができますので、同様の状況にある場合は附帯しておきたい特約です。

子供追加特約が適用される条件は、保険会社による大きな違いはありませんが、詳細は必ず確認するようにしてください。

まず、記名被保険者が個人であり、対象車は個人の自家用車であること、また子供所有の車ではないことといった点、また、運転者夫婦限定・運転者本人限定特約は同時に付けることはできななどは、各社ともまず同様です。

ただし子供の条件で、別居の未婚の子(両親と同居していない結婚歴のない子)が対象となるか、ならないかで若干違いが出てきます。

例えば、同居の子は別ですが、別居の未婚の子は、主な運転者の年齢条件に含めなくてよいとする自動車保険もあるので、世帯構成を考えて自動車保険を選ぶ場合もあると言うことですね。

また、対象車をおもに子供が運転するという場合は、子供追加特約をつけることが出来ません。たとえば親の名義の車が複数あって、そのうちの特定の自動車について、子供主体の車にするという場合などは、特約を利用することが出来ないので注意してください。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック