見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > オススメの特約について  > 傷害保険特約

傷害保険特約について

傷害保険特約と呼ばれるものには保険会社によっていくつか種類・呼び名が違ってきます。少し分かりやすく区分けしますと

 ■無保険車傷害特約
 ■搭乗者傷害特約
 ■自損事故(傷害)特約


が従来型の、傷害保険特約の構成でした。しかし、これからなら

 ■人身傷害補償特約

のみ附帯していただくだけで十分かと思います。

人身傷害補償特約は従来型の傷害保険特約のデメリットをカバーできるだけではなく、あらゆる事故の局面で安心の補償が得られます。保険料が予算内に納まるのであれば、人身傷害補償を附帯することをおすすめします。

人身傷害補償特約は、事故により身体に損傷を被り治療となった場合、過失割合の決定を待たずに必要額が受け取れます。この必要額はあらかじめ定められた契約金額を上限として、該当事故で死傷したことにより、その人が失った経済的利益を計算した金額となり、治療費・休職はもちろんですが、死亡や退職によって失った収入、遺族の精神的苦痛などをすべて加味して算出されます。

また、該当事故で重度障害になった場合なども、精神的苦痛や労働制限などが加味されますので、設定された保険金額によってはかなりの高額になる場合もあります。

そして事故の相手が示談・交渉に応じない場合、任意保険に加入していない場合、逃走して行方が分からない場合も、上記の保険金が支払われますので、きわめてイレギュラーなケースにも対応できる補償となっています。この点はこの特約の素晴らしいところでしょう。

補償の対象は「運転者を含む搭乗者全員」であり、記名被保険者の家族の場合は、被保険自動車に搭乗中の事故以外でも、歩行中、また他の車に搭乗中(自家用5車種に限るなど、車種は限定されています)に起きた自動車事故でも補償の対象になります。

そして、もちろん、自賠責保険・対人賠償保険・搭乗者傷害保険とは別に保険金が支払われます。

家族がいる方や、よく車を使う方は必ず付けていただきたい特約です。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック