見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

  HOME > 2010年11月18日の自動車保険関連ニュース

自動車保険、11年度から高齢者値上げ

損害保険大手各社は来年度から自動車保険の保険料の仕組みを見直し、高齢ドライバーの保険料率を引き上げる方針を固めた。高齢者の事故増加で保険金支払いが増えているため、「60歳以上70歳未満」や「70歳以上」などと区分し、それより若い年齢層より保険料を高くする。

 損保ジャパンは来年4月、東京海上日動火災保険は同7月から補償が始まる分から引き上げる。三井住友海上火災保険も検討しており、他社も追随する可能性が高い。

 保険料率は現在、運転に不慣れな若者は細かく年齢で区切っているが、「35歳以上」は同じ。新しい仕組みでは、運転手が30歳以上の場合は「30歳以上40歳未満」のように10歳ごとに区分し、最も高齢な層は「70歳以上」として、グループごとに料率を決める方向だ。

 引き上げ幅は検討中だが、特に高齢層を引き上げる。損害保険料率算出機構は昨年7月、損保各社が料率を決める目安としている「参考純率」を平均5・7%引き上げると発表した。10歳ごとに分ける案も示し、「60歳以上70歳未満」や「70歳以上」の参考純率を大幅に引き上げた。

 参考純率を適用したとすると、運転者の無事故年数が短い「10等級」で保険契約(対人、対物無制限、車両保険の保険金額150万円、運転者は家族限定)を結んだ場合、年間10万円の保険料を払っている人は26歳以上30歳未満は3千円程度増え、60歳以上は6千円程度増える見通し。


引用元:2010年11月18日 asahi.com


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック