見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

  HOME > 2010年7月31日の自動車保険関連ニュース

大手損保全社が自動車保険値上げ 採算悪化で

大手損害保険各社は、2010年中に全社が自動車保険を値上げすることになった。保険料収入の減少に保険金支払い増加が重なり、採算悪化に歯止めがかからないためだ。しかし、インターネットを主体にした中堅損保などとの競合は激化しており、各社とも値上げ幅を1%程度にとどめるほか、割引制度を拡充し、顧客離れ防止に必死だ。

 日本損害保険協会によると、加盟損保の自動車保険の正味収入保険料は、1997年度をピークに減少傾向をたどり、2009年度はピーク時より約2700億円減の3兆4266億円に落ち込んだ。一方で、保険料に対して、支払った保険金の割合を示す損害率は悪化。96年度末は58・8%だったが、09年度末は70・4%に上昇し「売れば売るほど赤字」(損保幹部)という。

 損保ジャパンは地方に照準を合わせ、4月の値上げ(0・8%)と同時に、従来は3台以上の契約から受けられた割引制度を2台目から適用できるようにした。地方は1世帯当たりの保有台数が多い。

出典:2010年7月31日 共同通信


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック