見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険見積もりについて  > 自動車保険オンライン見積もりサイトのメリット・デメリット

自動車保険オンライン見積もりサイトのメリット・デメリット

今や自動車保険の見積もり比較で欠かせないのが、「自動車保険オンライン見積もりサイト」です。

自動車保険オンライン見積もりサイトの数も、今では結構な数になっていますね。今後も利用者の需要が減少することはないでしょうから、提要するサービス内容やユーザビリティの面で、見積もりサイト間の競争は続くものと考えられます。

自動車保険オンライン見積もりサイトの一番のメリットは、短時間で複数の自動車保険の見積もり依頼を処理できる点です。
個別サイトをひとつずつ渡り歩いて条件を入力していては、かなり時間と手間がかかってしまいます。その点、一度の手間で多くの保険見積もりを依頼出来るというのは非常に便利です。

ただし、自動車保険オンライン見積もりサイトの場合、多くは依頼した見積もりは後から送られてきますので、特定の自動車保険のプランによる見積金額の比較を行いたい場合は、条件を入力するとその場で保険料が算出される、各自動車保険の個別サイトで見積もりした方が楽でしょう。

つまり、見積もりをとる目的が、保険会社の比較検討なのか、個々の自動車保険のプランを吟味するためなのかなどで、それぞれにメリット・デメリットがあると言うことを理解しておく必要があるということになります。

また、自動車保険によってリスク細分化の基準が微妙に違いますので、同じ条件でも見積もり金額は大きく変わる場合があります。

そして基本条件で見積もり金額の比較をする場合は、自動車保険オンライン見積もりサイトでその違いを確認し、自動車保険をいったん絞り込んでから、次に個別サイトでじっくりオプションやプランの内容で比較検討するということも出来るわけです。

この場合はリアルタイム表示に対応しているオンライン見積もりサイトを使ってみると便利ですよね。

自動車保険オンライン見積もりサイトも個別サイトの試算システムもとても便利なものですが、どちらの見積もりシステムにもメリット・デメリットがありますので、それぞれの特性に合わせて使い分けてみましょう。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック