見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > ケーススタディ別 賢い保険の入り方

41歳から50歳の自動車保険

30代は結婚生活がスタートしはじめる年代で、30代後半に向かって教育費などの支出が増え続けていく年代ですが、41歳から50歳という期間も家計支出については増大傾向は続いていきます。

家庭によって傾向は違ってきますが、この年代は家計支出が最も増大する年代だとも言われています。節約という言葉に敏感になるのも、もしかしたらこの年代が一番かもしれないですね。

子供の進学準備費用を確保することや、住宅ローンなどの支出も続く年代ですから、交通事故にも十分注意して、自動車の修理代や事故の賠償金など予想外の高額な支出は何としても避けたいところです。

自動車保険については、等級も高くなってる方が多くなっているでしょうから、30代以上に、保険料に左右されない補償設定が可能になってもいくでしょう。

また、20代や30代前半のころと違って、運転技術も高くなり、落ち着いたドライビングを心がけるようになっているはずですから、自損事故的なものは少なくなっていくでしょう。そのあたりも加味して、補償に強弱をつけてみることができるはずです。

自動車保険についての理解度も高くなっていると思いますので、出来れば自分で保険設計を考えてみて、保険料がより安くおさまる自動車保険を積極的に見つけていただきたい年代でもあります。これまでの経験があればそれも十分可能です。

具体的には、「車両保険」は「自損事故」と「当て逃げ」を外してエコノミー+限定Aでも問題ない方が多いはずです。

車両保険の免責は5万円から10万円程度はつけて保険料を抑えていきたいところですが、車対車免責ゼロ特約などをつけておくと、万一の事故での多額な支出に対して備えられますから安心です。

また傷害保険関係ですが、補償範囲の広い「人身傷害補償担保特約」は3000万円程度でも十分ですから、必ずつけておきたいものです。

「搭乗者傷害」をつけるかどうかは自動車保険によって変わって来ると思いますが、人身傷害補償担保特約を中心に考えて、不足しそうなものがあれば、プラスアルファとして検討すれば良いのではないでしょうか。

「自損事故」は運転技術が向上しているこの年代のドライバーには必要性はかなり低いでしょう。「無保険者傷害」については人身傷害補償をつけておけば不要なはずです。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック