見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > ケーススタディ別 賢い保険の入り方

30歳から40歳の自動車保険

30歳から40歳の自動車保険で、その内容を考える場合、いくつかのポイントがあります。

環境的に一番大きく変わっていくところは、ほとんどの方がこの年代で家庭を持つようになり、子育て、教育資金という支出が新たに出てくるということです。

また、この年代はマイホームを取得する比率の高い年代でもあり、住宅ローンの支払が発生する世帯が多いということも特徴のひとつだと言えます。

簡単に言ってしまえば、30代は独身時代や子供が生まれる前に比べて、一気に家計の支出が増大して行く年代だということですね。細かな状況は個々の家庭で違ってくると思いますが、大筋では「家計支出増大」という部分では共通しているはずです。

ですから生命保険でもそうですが、責任世代の入り口にあたる年代だけに、万一の事故リスクに備えて、手厚い補償を形成しておきたいものの、保険料はなるべく抑えなければならないという矛盾が出てしまうわけですね。

また運転歴もある程度長くなり、安定した運転ができるようになり、事故リスクは20代のころと比べて大きく改善されているはずですし、自動車保険の年齢条件も「30歳未満不担保」を設定できるようになっていますので、保険料に縛られず補償をつけられるケースも増えてきます。

また自動車保険について詳しい人も多くなってきます。

そこで、必要になるのが「主体的な自動車保険選び」です。これは何も、「この年代の方は通販の自動車保険を選んだ方が良い」といっているわけではなく、これまで詳しく内容を吟味してこなかった自動車保険について、自分たちでもっと良く理解して、内容に見合った適正な保険料の自動車保険を選ぶ必要があるということです。

背景としても、大手損保はを中心として自動車保険の値上げが2010年にもありますので、家計を考えたら通販型の自動車保険を無視することは、今まで以上に出来なくなると思いますが、またそれ一辺倒で考えるのも危険です。

今はご存じのように、自動車保険の見積もりもオンラインで簡単に手配できるようになっています。

時間や手間はかかりますが、まず気になったものから見積もりをとってみたり、情報を調べてみたりして、自分たちの家庭に合った自動車保険を見つけていただきたいと思います。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック