見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > ケーススタディ別 賢い保険の入り方

26歳から29歳の自動車保険

26歳から29歳の自動車保険は、年齢条件が「26歳未満不担保」を設定できるようになります。また、自分の自動車を購入して、自分が記名被保険者になり自動車保険の契約をされる方が増えてくる年代でもあります。

20代の方の自動車離れが話題になっていますが、20代でも後半の方になるほど自動車への関心度も上がっているようで、これまで自動車についてあまり興味が持てなかったという方の中にも、自分の自動車の所有を真剣に考えはじめる方も多くなります。

この年代から本格的に自動車とのつきあいがスタートする方が多いのではないでしょうか。

それでも「26歳未満不担保」という年齢条件の自動車保険は割高です。等級がダウンしないように注意していただきたいと思います。

また、運転に慣れてくる人が多くなってきますので、自分の車以外でも運転を任される場面が多くなってくるでしょう。

他人の車を運転していて、もし事故をおこしてしまったらどうなるか考えてみたりしたことはありませんか?

運転している車の自動車保険が運転者の限定をしていない場合は、仮に事故をおこしても保険が効きます。また年齢条件を設定していても「臨時運転者特約」を設定されていれば、同様に保険は効きます。

しかし、最近の自動車保険は運転者限定特約を付けていたり、年齢条件も設定されていて運転車の範囲が狭くなっている契約が多いのですね。

また仮に運転者の限定がなく、あったとしても臨時運転者特約が設定されているという場合でも、友人や上司の自動車保険を使って、等級をダウンさせてしまうようなことになれば、かなり気まずいものですよね。

そんな場合に、つけるつけないは別にして、覚えておいてほしいのが「他車運転危険担保特約」です。自分の車を所有していて保険に加入している場合は、その自動車保険にこの特約をつけておくと、代理運転している車の自動車保険に関係なく、自分の自動車保険から保険金を出すことができます。

また、マイカーを持っていない場合でも「ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)」に加入しておくことで、他人のクルマを運転して事故を起こした場合に備えることが出来ます。

一番良いのは、運転を頼まれた場合に運転車の限定範囲や「他車運転危険担保特約」の有無を確認出来れば良いのですが、そこまで聞きにくい間柄の相手もいるでしょし、半ば強引に運転させられることもあるでしょう。

特に運転が上手で20代だと、他人の車で運転を任されることが多くなります。実際によく運転を頼まれるし、自分でも運転が好きな方は、上記のような特約や保険を検討しておくと良いのではないでしょうか。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック