見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > ケーススタディ別 賢い保険の入り方

20歳以下の自動車保険

車の運転は一番早い方だと、18歳からはじめることになります。

親と同居していていて、車が2台ある場合は、親の高い等級を引き継ぐこともできます。この場合、年齢条件は「制限無し」でも、6等級でスタートするよりは割安な保険料で自動車保険に加入することが可能です。

この場合、等級を引き渡してしまった親の自動車保険は、新たに6等級からの再スタートとなってしまいますが、子供の自動車保険を世帯支出として支払ってあげるなら、子供の自動車保険が「制限無し」の年齢条件で6等級スタートとするよりは、全体の保険料の負担は減る場合が多いので確認してみましょう。

親からの等級の引継ぎについては、【親から等級を引き継いで保険料を安くする】をご覧ください。

なお、等級の引き継ぎは、親との同居が前提になります。そのため別居しているケースで、子供が親の車をたまに運転させてもらうということなら、「子供追加特約」を附帯すれば、親が運転する場合は元の年齢条件のまま、そして子供が運転する場合は年齢条件を「制限なし」にして運転することができます。

20歳以下は、自動車保健の保険料負担が一番大きくなる年代なので、これらの方法を講じながら、負担を軽減してみると良いのではないでしょうか。

また車が好きな子なら、19歳ぐらいで自分の車を所有して、単独名義で自動車保険に加入するということもあるでしょう。

はじめのうちは、保険料の負担が大きいのですが、早いうちに自分名義の自動車保険を所有するということは、事故さえ起こさなければ等級が高くなるのも早いわけです。

保険の意義を早く実感できるのも、自分で保険料を納めてみてはじめて気づくという面があるのも確かです。

なお20歳以下の自動車保険で一番注意したいのが、事故に関する補償の設定です。年齢が若い人ほど事故を起こすリスクが高いのですが、基本保険料が高いだけに補償を厚くするにも限度があるでしょう。

出来れば車両保険も「エコノミー+限定A」程度は設定しておきたいところですし、等級プロテクト特約もほしいところです。

現在ではインターネットでの見積もりサービスが普及したことで、簡単に保険料の見積もりを出すことができるようになりました。車両保険や特約を付帯した場合と付帯しない場合の保険料の比較なども一括見積もりサービスを利用すればいとも簡単に行なえますので、保険料の相場を把握しづらい20歳以下の自動車保険の場合は、ぜひこのサービスを使ってみることをおすすめします。

ちなみに私は、【インズウェブ】という一括見積もりサービスを利用しています。

「インズウェブ」は、最大20社の自動車保険の保険料を無料で比較できるサービスなので、保険内容を比較しながら、保険料が安い会社を見つけることができます。

私も【インズウェブ】を利用していますが、おかげで年間の保険料が半額になりました。

ただ、見積もりサービスで一つ心配なのが、DMや電話などの勧誘がしつこくかかってくるということではないでしょうか。

私はインズウェウで一括見積もりをして1年以上経っていますが、電話は一件もかかってこないので、 電話勧誘はないと思っていいでしょう。

もし、今の保険に満足していない方や保険の相場を知りたい方は、無料なので一括見積もりを試しに利用してみてはいかがでしょうか。

【インズウェブ】はこちらをクリック

自動車保険の見積もりを、利用する際は、車検証や免許証を手元に置いておきましょう。

インズウェブは、その場(ブラウザ上)で保険料を確認できますから、すぐに保険料を知りたい方にもオススメのサービスかと思います。また補償内容を変更して何パターンか見積もりを出しておいて保存しておくことも可能です。他社の見積もりを出して比較して、じっくり決めることができるので、かなり便利なものです。

補償内容の入力箇所は、ほとんどがプルダウンメニューからの選択入力ですから、自動車保険にあまり詳しくなくても、見積もり条件はすべて入力出来るはずです。また実際に使って疑問に感じたら、そのままネットで検索して調べれば良いので、この見積もりサービスを利用するだけで自動車保険の理解が深まることでしょう。

自動車保険の相場を確認したいなら、この方法がいちばん確実で手早く調べられると思います。

【インズウェブ】はこちらをクリック


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック