見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > ケーススタディ別 賢い保険の入り方

年齢によって自動車保険を見直す

長い間自動車に乗り続けていると、個人差はあるものの、年齢によって自動車との向き合い方が違っていきます。

今から考えれば、免許を取得したばかりのころは、とにかく周りから運転技術の未熟さを見破られないように、自分の力量以上の無理な運転をしたものです。

また仕事で車をよく使うようになってからは、走行距離が長くなるにつれて運転技能は少しずつ向上していきましたが、ちょっとした事故やスピード違反は何度も経験してきています。

そして家族を持つようになってからは、運転に変化が出てきて安全運転というものもしっかり意識するようになっていきました。

こうした変化はどなたにもあると思いますが、自動車保険も保険の自由化以降は、保険自体のカスタマイズが自由にできるようになったことや、保険会社の特徴も出てきたことから、年齢に応じた自動車保険を選択できるようになってきました。

ドライバー自身の変化としては、運転技術、安全運転への意識、乗用頻度、走行距離、利用目的、などがあります。

また環境の変化としては、独身から世帯を持つようになり、子供が生まれて、次第にレジャー利用の頻度が増していくでしょう。その後レジャー利用は減少していきますが、子供の教育資金の心配が無くなれば、自分の乗りたい車の取得、または子供との車の共有ということも出てくる年代にさしかかっていきます。

また、仕事の環境が変わる事で、車の利用が多かった方が、一変して利用頻度や走行距離が減るという変化もありますよね。

自動車保険は1年満期の掛け捨て定期保険ですから、保険の見直しがしやすく、特定の補償を厚くしたい場合は、1年単位で設定することが可能です。

必要以上に補償内容に強弱をつけることはありませんが、暮らし方や環境に変化があった場合は適宜見直して、補償内容の最適化をしてみると面白いと思いますし、また必要なことではないかと思います。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック