見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 契約形態による割引  > 運転者年齢限定割引

運転者年齢限定割引について

自動車保険は、運転者の年齢を限定することで保険料を安くすることが出来ます。これを「運転者年齢限定割引」と言います。

運転者年齢限定割引を理解する上で必要な、運転者年齢の区分けした「年齢条件」がありますので、まずそれをみてみましょう。

スタンダードな年齢条件は、「21歳未満不担保」「26歳未満不担保」「30歳未満不担保」「全年齢担保(限定なし)」の4つですが、最近はも少し細かくなってきて、「21歳未満不担保」「24歳未満不担保」「26歳未満不担保」「27歳未満不担保」「30歳未満不担保」「35歳未満不担保」に「全年齢担保(限定なし)」が加わるものもあります。

最近多くなってきている細かい年齢条件でみてみますと、一番保険料が高いのが年齢条件限定なしの「全年齢担保」で、次に年齢条件がついていても一番年齢が若い「21歳未満不担保」になります。もうお分かりの通りですが、一番保険料が安く済むのは「35歳未満不担保」です。

例えば、40代の夫婦で子供はまだ小学生、自宅の車はこのご夫婦以外誰も乗ることがない場合は、一番担保年齢の高い「35歳未満不担保」で運転者年齢限定割引をつけておくと良いのです。

しかし、同居している23歳の子が免許を取って、この車を運転するという場合は、「24歳未満不担保」に年齢条件を変更しておかなければ、その子に運転させることは出来ませんので注意してください。

また、あまり考えられないことですが、運転者の年齢を「限定なし」とする必要が全くないにもかかわらず、運転者年齢限定割引を適用させていない場合は、保険料が倍近く違ってくる場合もあります。うっかり忘れていた(?)などという場合は、次回の更新ではしっかり年齢限定条件をつけて更新するようにしてください。

なお先ほどの年齢条件では、契約年齢にもよりますが、年齢条件が細かく分かれているほど次の年齢条件に早く上がるため、タイミング良く保険料を下げていける場合があります。

加入時の年齢を考慮して自動車を保険を選ぶと、少しでも保険料が節約できる場合もありますから、色々シミュレーションしてみると良いでしょう。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック