見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 保険会社の選び方

事故処理拠点の比較

自動車保険は車の利用形態によっても選ぶ基準が変わってきます。最近の傾向としては、通販型の自動車保険の人気や需要の高まりがある反面、事故処理の点での不安をぬぐいきれず、やはり自動車保険は保険料の安さではなく安心で加入するものとの意見もかえって際だって見えるような場合もあります。

両者の保険を比較する場合、かならず浮上してくるのが「事故処理」というキーワードです。そして事故処理の拠点数という点で見ると、通販型の自動車保険は急に分が悪くなります。

また保険料についても、設定条件によってはかならずしも通販型の自動車保険が安いわけではないという点も注意する必要があります。
代理店型の自動車保険でも見積もりの仕方によっては、通販型の自動車保険と変わらない場合が出てくるからです。要は車の利用の仕方が大きく影響するということです。

これまで代理店型の自動車保険の場合、1社の自動車保険しか扱っていない車屋さんなどで加入することが多かったかと思います。実際これでは、自分の車利用に合った保険料を算出してもらうことはかなり難しいでしょう。

しかし、複数の自動車保険を扱える総合代理店やファイナンシャルプランナーなどが、複数の自動車保険から自分に合った保険設計をしてくれた場合は、代理店型の自動車保険でも補償内容と保険料がベストバランスになることもあるのです。
もし自動車保険をより本格的に比較したい場合は、保険の専門家にきちんと相談することも必要なのですね。

先の事故処理拠点の比較をすると、その数の点では圧倒的に代理店型の自動車保険のほうが安心感はあります。しかし、そもそも通販型の自動車保険と代理店型の自動社保険では、損害保険会社としての企業形態から大きな違いがありますので、こうした比較自体がある意味でナンセンスだとも言えます。

事故処理拠点の数の自動車保険を比較することは決して悪いことではありませんが、保険の安心感は拠点の数でカバー出来るものではありません。自動車保険は意外と奥が深いのです。

通販型の自動車保険を考えているけれど、事故処理拠点数で不安という場合は、まず保険プランに「人身傷害特約」を附帯しているかを確認するべきですし、代理店型自動車保険を考えている方は、保険担当者が事故処理や示談交渉を誠実かつ適切に行える器の担当者かを見極めるべきでしょう。

JAや全労災の共済ってどうなの?

自動車保険を比較検討する際、大手損保やダイレクト系自動車保険だけではなく、JA,全労済の自動車共済も忘れずに検討してみましょう。
それぞれに、損害保険会社にないお得な点があり、どれも見逃せないものばかりです。

JAの自動車共済は「クルマスター」という、万一の時の車に関する保証を「ムリ、ムダ、ムラ」なくカバーする個人向け家庭用自動車共済です。

JA自動車共済の「お得な点 その1」は、JAの自賠責共済と任意の自動車共済をセット加入すると、自動車共済の対人賠償掛金が約7%割引になります。
「お得な点 その2」は車両保険を対物賠償とセットで加入すると、それぞれの掛金が、同様に約7%割引になります。

そして「お得な点 その3」は、20等級の割引率が62%割引となり、損保各社に比べて2ポイント多く割引となります。

基本補償や附帯補償も、通常の自動車両保険と何ら変わりない内容になっていますので、手厚い補償プランを組むことももちろん可能です。

一方、全労災の自動車共済は「マイカー共済」という個人向けの自動車共済で、共済らしい低廉な掛け金が最大の魅力です。

JAの自動車共済のようなセット加入による掛金の割引はないものの、安全運転を続けると最高等級が22等級となり64%割引が適用されます。保険料を下げるためにしっかり安全運転を続けている方にはおすすめの自動車共済といえるでしょう。

もちろん基本補償や附帯補償・割引も遜色のない内容になっています。

どちらがよりリーズナブルな掛金になるかは、実際に見積もってみなければ分からないところですが、損保代理店さんからも評価が高いのはJA共済です。

自動車共済はいわゆるリスク細分型自動車保険ではありませんが、車の利用条件によってはダイレクト系の自動車保険よりも掛金がやすくなる場合もあるようですから、どちらも見積もりはとってみたほうが良さそうです。

なおJA・全労災ともに、ロードサービスがかなり充実していることで共通しています。この点でも、損保各社との違いもないと考えて良いと思います。

たまに「相手方が大手損保の場合、共済では示談交渉力で弱い」などといった批判めいたことを言う方がいるようですが、まったく根拠のない話で、驚かされます。

きちんと必要な補償をつけた契約であれば、自動車共済であっても大手損保の自動車保険であっても問題は無いのです。どんな保険・共済でも補償内容をしっかり見極めて契約してくださいね。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック