見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険 口コミ・評判  > 富士火災

富士火災の口コミ・評判

富士火災は、1918年に日本簡易火災保険として設立され、1949年に現在の富士火災海上保険に社名が変更されました。

大手損保のような大きな吸収合併とは無縁の中堅損害保険会社ですが、オリジナリティのある家庭用総合自動車保険「ベリエスト」を、自社営業担当および代理店を通じて販売しており、その評判も良く好感が持てます。

歴史のある損保会社ですから知名度はありますが、一般個人ユーザーへの認知度は低いかもしれません。それでも知人からの勧めがあった場合は、検討してみても損はない自動車保険のひとつだと思います。

「ベリエスト」の基本補償は、対人・対物損害賠償保険と人身傷害補償、これに「相手自動車全損時臨時費用担保特約」「自動車事故の弁護士費用担保特約」「車両事故の搬送費用補償特約」の3つの特約が自動セットされたものが基本補償になり、車両保険と搭乗者傷害が任意セットとなります。ちなみに車両保険は一般車両保険と車対車+限定Aの2パターンです。

また「ベリエスト」には「日弁連弁護士紹介サービス」と、もらい事故の際の相談サービスが自動的に附帯されます。

さらに基本補償に附帯する「特約セット」が3種類(ベリエストAセット・Bセット、ON/OFFセット)あり、必要に応じてこの特約セットを付けることが出来ます。

ベリエストAセットは自動車事故によって要介護状態になった場合の補償で、介護補償的な特約セットです。

ベリエストBセットは、自動車事故以外の日常生活に関する特約をセットにしたものです。

ON/OFFセットは、自動車事故によるケガで、仕事ができない状態になった場合、休業お見舞いとして保険金を支払う特約と、事故時の代車費用に関する特約をセットにしたもので、これにプラスして、各種宿泊施設やレジャー施設などを会員料金で利用できるサービスも一緒についてきます。

もちろん基本セットだけでも十分ですが、保険料の予算に余裕があれば検討してみても良いのではないでしょうか。

富士火災は、地味ながらも事故対応などの評価が高く、安心して利用できる代理店型自動車保険だと言えそうです。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック