見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 安全装置による割引

ABS割引について

自動車保険は、搭載されている安全装置によっても、保険料の割引が適用になります。特に新しい車を利用されている場合は、自動車保険で割引が該当する安全装置がほとんど搭載されているはずですので、もれなく設定するようにしてください。

そんな安全装置の中でもほとんど車に標準的に装備されている代表的な安全装置のひとつが「ABS」です。そしてABSが装備されている車に適用される安全装置割引が「ABS割引」です。

ABSとは、「アンチロック・ブレーキングシステム」のことです。車は急ブレーキを踏むと車輪がロックされて走行方向の制御が効かなくなる場合があります。これが急ブレーキから引き起こされる事故の原因です。

この現象を防ぐためにコンピューター制御で車輪のロックを防止するシステムがこのABSです。

具体的には、ブレーキを踏んだままでも、自動的にブレーキの解除と作動を繰り替えしてタイヤのグリップ力を回復させてくれるシステムで、車の走行安定性を保持させてくれるすぐれものす。

ABS割引は平成10年から導入がはじまり、比較的新しい車なら搭載されているシステムですから、今では自動車保険の料率設定に自動的に組み込まれてところが多くなったため、自動車保険の見積書や保険証書を見ても「ABS割引」と表示されることが少なくなってきています。

この場合は、安全装置に関する割引がすでに加味されていると考えて間違いありませんが、車種によって不安な場合は確認してみてください。

ABS割引が適される担保種目は「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」の3つで、それぞれ5%割引が適用されます。

なおABS装置は、「方向安定性」「制動力」「回避能力」に優れた性能を付加するシステムですが、必ずしも制動距離を短くするというわけではありません。路面の状況によっては、ABS装置が着装されていない車よりも制動距離が長くなる場合もあることが報告されていますので、システムを過信して無理な運転をすることが無いように十分注意してください。

エアバッグ割引について

「エアバッグ割引」は安全装置割引の中でも最もスタンダードな割引と言って良いでしょう。

エアバッグシステムが登場したときは、テレビでもかなり取り上げられたりしました。今では標準的な安全装置としてすっかり定着しているエアバッグですが、初期のエアバッグは一部の高級車のオプション装備として搭載されるもので、一般車には縁遠い安全装置でした。

また白い風船のような袋が、衝突などの強い衝撃を緩和するという仕組みは、見た目にもきわめて斬新なものでした。

エアバッグは正式には「SRSエアバッグ」と言います。このSRSは「Supplemental(補助)」「Resraint(拘束)」「System(装置)」の略ですべてをつなげると「補助拘束装置」となります。

この「補助」という言葉はシートベルトの運転者保護機能を補助するという意味で、シートベルトを装着していない場合は、エアバッグが作動しても100%の効果を発揮出来ません。長時間車を運転すると、シートベルトをしていることが疲れてくる場合もありますが、どんな場合もシートベルトを締めるように注意してください。

エアバッグ割引が適用されると「搭乗者傷害保険」のほか「人身傷害補償担保特約」「自損事故傷害特約」などの保険料が10%割引になります。

エアバッグ割引も、「ABS割引」同様、自動車の車名・型式に応じて設定される料率クラスに保険料の割引が盛り込まれています。したがって見積書・保険証書に「エアバッグ割引」の文字を見ることは少なくなってきています。

なおエアバッグは、特許申請事務代行業の会社を経営していた小堀保三郎という日本人の手によって発明されたもので、当初は飛行機事故などの、衝撃緩和装置として考案されたもののようです。

はじめての発表の場で、この奇抜な袋は全く見向きもされなかったようですが、発明者の小堀氏はエアバッグの世界的な普及を知ることもなく他界(自殺)されています。

小堀氏の発明によって多くの人の命が救われていることに、私たちは感謝をしなければいけませんね。

デュアルエアバッグ割引について

車の安全性能が高いほど事故を起こす確率は減少します。また車に安全装置を装備していれば、事故に遭遇しても、運転者や搭乗者が死亡したりケガを負うリスクは軽減されます。

このような事故リスク・傷害リスクが低い契約者の保険料を合理的に安く設定できる仕組みが「リスク細分型自動車保険」の基本的な考え方です。

同じ安全装置割引でも、普通のエアバッグ割引よりデュアルエアバッグ割引のほうが割引率が高くなるのはそのためです。あなたの車がデュアルエアバッグを装着した車だとすれば、普通のエアバッグ割引よりも多く割引になる可能性がありますのでぜひ確認しておきましょう。

デュアルエアバッグとは運転席助手席の両方にエアバッグ装備がされているもので、これ以外にも、側面からの衝撃に対応しているサイドエアバッグもあります。

割引対象となる担保種目はエアバッグ割引と同じで「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償担保特約」「自損事故傷害特約」などがあります。

一般的には通常のエアバッグ割引が10%程度の割引となるところが、デュアルエアバッグ割引の場合は15%程度まで割引率が拡大されます。

エアバッグ割引とデュアルエアバッグ割引の両方に対応している自動車保険は限られてきますので、該当する保険があれば見積りをとってみましょう。

なお、車好きの方は注意していただきたいのですが、ハンドルを外車スポーツタイプに交換するような場合ですが、自動車保険はデュアルエアバッグ割引を設定しているのに、ハンドル効果をしたために、運転席がエアバッグ仕様ではなくなっていた場合は、これで事故を起こしても保険金が支払われないということになってしまいます。

車をいじる場合は、最低限自動車保険で告知している内容とずれないように注意してください。

安全ボディ割引について

「衝突安全ボディ」という言葉は、自動車のCMなどで良く聞かれますが、自動車保険の安全装置割引のなかの「安全ボディ割引」は、この衝突安全ボディを持つ車が割引の対象になります。

自動車のボディ強度が重視されるようになった背景には、世界的な流れで車の安全強化が叫ばれはじめ、国内でも1990年代の中ごろから新型車の前面衝突試験や側面衝突試験が義務付けになり、それに伴って車の躯体強度の安全基準が定めらたことがきっかけになっています。

衝突安全ボディは「クラッシャブル」という衝突吸収構造を車体の前後に採用している車で、自動車メーカーごとに独自の構造と名称を持っています。

安全ボディ割引の適用は、保険会社が車両料率クラス表で認定している車が対象となり、あらかじめ決まったものとなって、トヨタのアリスト、セルシオ、クラウン、日産のプレジデント・シーマ・セドリック・グロリアなどの高級車を中心とした車種が該当します。
なお、安全ボディ割引が適用となる担保種目ですが「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償担保特約」などで、概ね10%程度の割引が設定されています。

これから新たに車の購入を検討されている場合は、安全ボディ割引対象車を考えてみても良いでしょうが、注意していただきたい点がひとつあります。それは、安全ボディ割引の対象となるような高級車は、得てして修理代も高くつくことから、車両保険の料率クラスも高くなっている場合がほとんどだということです。

つまり安全ボディ割引が適用になっても、車両保険が高くなるため、保険料を節約するという面では全く矛盾してしまうことになるのです。

逆に言えば、ある程度車両保険の料率が高くなっても「好きな車に乗りたい」と考えているなら、出来るだけ安全ボディ割引が適用になる車種を選択して、保険料が高くなる分を少しでもカバーするという考え方も出来ます。

ただし、自動車保険料を節約したいと考えるなら、車両保険の料率が高いクラスの車種は、やはり除外して検討することが大事です。この点はそれぞれの価値観ですから、自分の基準で判断してみてください。

環境対策車割引について

「環境対策車割引」とは、環境に配慮した自動車に適用される割引で、自動車保険を通じて環境対策車の所有・取得を支援する割引制度といっても良いでしょう。

環境対策車割引以外にも保険会社によって、「エコカー割引」「低公害車割引」など名前が違っていますが、割引制度の趣旨は同じです。

ハイブリッドカーなどのエコカーの取得を後押しする制度としては、「エコカー減税(新グリーン税制)」や、2010年3月31日までが対象期間となる「エコカー補助金制度」がありますが、自動車保険でも対象車に割引の提供が行われているわけですから、保険料の節約のためにも積極的に活用していきたいものです。

環境対策車割引が対象となる車は大きく分けると、「低排出ガス車」「低燃費車」「低公害車」の3つに分かれます。

「低排出ガス車」は「低排出ガス車認定要項」をクリアした車で、「平成17年排出ガス基準に対応した低排出ガス車の認定を受けた自動車」と定義されています。目印として楕円形の青い空をイメージした水色地に黄色い星が並んで見えるステッカーが貼られています。

「低燃費車」は「エネルギー使用の合理化に関する法律」を早期達成した車で、「平成22年度燃費基準達成車」と「平成22年度燃費基準+5%達成車」の2種類に分類されて、表示ステッカーは「緑の地球」をイメージしたグリーンのステッカーが目印になります。

「低公害車」排出ガスを低く抑えた車で、ハイブリッドカー、タノール自動車、天然ガス自動、電気自動車などがこれにあたります。

環境対策車割引は、その他の安全装置割引と違って、環境対策車だから事故の発生率が軽減されるといった、保険会社にとってのメリットが全くありません。

そのため環境対策車割引を取り扱っている自動車保険は限られており、割引対象となる自動車もハイブリッドカーを中心とした低公害車がメインです。低排出ガス車、低燃費車は、両方ともか、またどちらかが対象外となっているケースが多いので注意してください。

なお、割引率も「あいおい」「ニッセイ同和損保」「チューリッヒ」の3%割引から「朝日火災」の1.5%割引まで、保険会社によってやや差があリます。

また対象車の条件として「新車登録から1年以内」としている場合もありますので、ハイブリッドカーを所有していても、保険会社によっては割引が受けられない場合もあります。契約する場合は、割引の内容を必ず確認するようにしてください。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック