見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 安全装置による割引  > デュアルエアバッグ割引

デュアルエアバッグ割引について

車の安全性能が高いほど事故を起こす確率は減少します。また車に安全装置を装備していれば、事故に遭遇しても、運転者や搭乗者が死亡したりケガを負うリスクは軽減されます。

このような事故リスク・傷害リスクが低い契約者の保険料を合理的に安く設定できる仕組みが「リスク細分型自動車保険」の基本的な考え方です。

同じ安全装置割引でも、普通のエアバッグ割引よりデュアルエアバッグ割引のほうが割引率が高くなるのはそのためです。あなたの車がデュアルエアバッグを装着した車だとすれば、普通のエアバッグ割引よりも多く割引になる可能性がありますのでぜひ確認しておきましょう。

デュアルエアバッグとは運転席助手席の両方にエアバッグ装備がされているもので、これ以外にも、側面からの衝撃に対応しているサイドエアバッグもあります。

割引対象となる担保種目はエアバッグ割引と同じで「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償担保特約」「自損事故傷害特約」などがあります。

一般的には通常のエアバッグ割引が10%程度の割引となるところが、デュアルエアバッグ割引の場合は15%程度まで割引率が拡大されます。

エアバッグ割引とデュアルエアバッグ割引の両方に対応している自動車保険は限られてきますので、該当する保険があれば見積りをとってみましょう。

なお、車好きの方は注意していただきたいのですが、ハンドルを外車スポーツタイプに交換するような場合ですが、自動車保険はデュアルエアバッグ割引を設定しているのに、ハンドル効果をしたために、運転席がエアバッグ仕様ではなくなっていた場合は、これで事故を起こしても保険金が支払われないということになってしまいます。

車をいじる場合は、最低限自動車保険で告知している内容とずれないように注意してください。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック