見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 安全装置による割引  > ABS割引

ABS割引について

自動車保険は、搭載されている安全装置によっても、保険料の割引が適用になります。特に新しい車を利用されている場合は、自動車保険で割引が該当する安全装置がほとんど搭載されているはずですので、もれなく設定するようにしてください。

そんな安全装置の中でもほとんど車に標準的に装備されている代表的な安全装置のひとつが「ABS」です。そしてABSが装備されている車に適用される安全装置割引が「ABS割引」です。

ABSとは、「アンチロック・ブレーキングシステム」のことです。車は急ブレーキを踏むと車輪がロックされて走行方向の制御が効かなくなる場合があります。これが急ブレーキから引き起こされる事故の原因です。

この現象を防ぐためにコンピューター制御で車輪のロックを防止するシステムがこのABSです。

具体的には、ブレーキを踏んだままでも、自動的にブレーキの解除と作動を繰り替えしてタイヤのグリップ力を回復させてくれるシステムで、車の走行安定性を保持させてくれるすぐれものす。

ABS割引は平成10年から導入がはじまり、比較的新しい車なら搭載されているシステムですから、今では自動車保険の料率設定に自動的に組み込まれてところが多くなったため、自動車保険の見積書や保険証書を見ても「ABS割引」と表示されることが少なくなってきています。

この場合は、安全装置に関する割引がすでに加味されていると考えて間違いありませんが、車種によって不安な場合は確認してみてください。

ABS割引が適される担保種目は「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」の3つで、それぞれ5%割引が適用されます。

なおABS装置は、「方向安定性」「制動力」「回避能力」に優れた性能を付加するシステムですが、必ずしも制動距離を短くするというわけではありません。路面の状況によっては、ABS装置が着装されていない車よりも制動距離が長くなる場合もあることが報告されていますので、システムを過信して無理な運転をすることが無いように十分注意してください。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック