見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険を安くする8つの方法

自動車保険の見直しをするときのポイント

自動車保険は長期契約でない限り、毎年見直せる保険です。しかも、インターネットを使えば、自宅に居ながら見積りをいくらでもとることが出来ます。

対面販売が主流だったころや保険の自由化以前なら、どこの自動車保険を選んでも保険料に大きな違いがなかったので、義理や付き合いで加入することが多かったかも知れませんが、今はそんな時代ではありません。

自動車保険の見直しの際は、気になる保険会社があれば、まず見積りをとって比較するようにしてください。自分で見積りをとるといろんな疑問にぶつかるかも知れませんが、その疑問をネットで調べたり、保険会社に確認したりすることで、自動車保険に詳しくなります。特にはじめて主体的に自動車保険を見直すという場合は、細かいことを考える前にまず見積りをとるようにしてみましょう。

保険料を節約する観点で、自動車保険を見直す場合、保険会社の割引項目が自分の車や車の利用環境にマッチしているかどうかも大事なチェックポイントになります。このためにも複数見積りの必要があるわけです。

代表的な割引には、「インターネット割引」「早期契約割引」「長期優良契約割引」車の所有台数が多いなら「ノンフリート多数割引」などのほか、車両装備系では「エアバッグ割引」「ABS割引」「衝突安全ボディ割引」「横滑り防止装置割引」「盗難防止装置割引」「エコカー割引」「新車割引」「福祉車両割引」と項目も非常に多くなります。

これらの割引率は自動車保険によって差がありますが、該当する項目が多いほど割引も大きくなる可能性がありますので、車によっては重視しなければいけません。

また割引以外では、特約についても見ておきましょう。特に、これまでつけたくてもつけることが出来なかった特約や、環境が変わって必要な特約がある場合はしっかりチェックしてください。

「子供追加特約」「臨時運転者担保特約」などは必要なケースが比較的多い特約だと思います。また新車で更新する場合に安心な「車両新価保険特約」や、一回目の事故なら無事故等級はそのままに出来る「等級プロテクト」も保険会社によって扱っている場合があります。

これまで人任せで自動車保険を決めてきた方は、一度でも自分なりに考えて保険選びを進めてみてはいかがでしょうか。意外と満足のいく補償内容で、保険料も節約できるかも知れません。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック