見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険を安くする8つの方法

インターネットから契約を行う

自動車保険の保険料を節約するなら、インターネット契約を行うのは今や常識と言っても良いと思います。

保険の内容によって受けられる割引とは違って、単純にオンライン契約をすればインターネット契約の割引が適用されますから、自動車保険に詳しい方が増えてくると、益々この契約形態が主流になっていくのではないでしょうか。

インターネット契約の割引率は結構大きく、金額ベースでは5,000円前後、割引率で見ると10%程度まで割り引かれる保険会社もあります。またインターネット契約の割引は、他の割引との併用も可能なものが多いので、利用しないほうが損だとも言えます。

またインターネットから契約が行える自動車保険は、ダイレクト系自動車保険だけではありません。今では代理店型の自動車保険も、ネット契約が出来る環境になってきています。

ダイレクト系の自動車保険の見積りをいくつかとってみたけれど、それほど保険料が安くならなかったという場合は代理店型の自動車保険を検討することになると思います。

この場合、身近な保険代理店を通して、従来型の自動車保険の契約をしても良いのですが、「ネット代理店」を通してインターネット契約をすると、保険料こそ割引にはなりませんが、様々な特典が付与されるので検討する価値が十分にあります。

ネット代理店で有名なのは、NTTグループの自動車保険代理店「NTTイフ」です。NTTイフが提供している特典には、ホテル・旅館など宿泊施設の大幅割引(最大で90%OFFなど)や、ホームアシスタントサービス、弁護士無料相談サービスなどがあり、その他にも利用価値のある特典が用意されています。

代理店型の自動車保険を選ぶ意味は、担当者の自己処理能力や、コンサルティングサービスの質の高さにあると思いますから、ネット代理店の利用に意味があるかどうかは意見が分かれるところでしょうが、ダイレクト自動車保険の一括見積りの結果、思っていたほど保険料が下がらなかったという場合は、ネット代理店を利用するのも面白い選択肢になるのではないでしょうか。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック