見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険を安くする8つの方法

早めに契約をして保険料を安くする

自動車保険の保険料を節約する場合、言い方は良くないですがせっかく提供されているサービスですから、使えるものはすべて使うという心構えで望みたいものです。

そんななか、割引率は決して高くはありませんが是非利用しておきたいのが「お早め契約割引」です。この割引はダイレクト系自動車保険に見られる割引制度で、大抵の場合、インターネット契約割引との併用が可能となっています。インターネット契約の割引額を底上げする意味でも使わない手はありません。

「お早め契約割引」とは読んで字の如くですが、自動車保険の満期日前の早い段階で自動車保険契約の申込をしておくことで、保険料の割引が受けられるというものです。

保険会社によって適用基準が若干違うものの、最もポピュラーなものは、満期45日前までに自動車保険の申込を行うと5%程度の割引が適用されるタイプになります。

また少し変わったものだと、すでに契約車両がある保険会社に「お早め契約割引」の事前登録を行った上で、2台目以降の車も同じ保険会社で自動車保険に加入すると、その2台目の保険料について割引が受けられるタイプの割引契約もあります。

このように保険会社によって、同じ「お早め契約割引」でも少しずつ違いがありますので、早めに契約して保険料を安くするつもりなら余裕を持って内容を比較しておいたほうが良いでしょう。

またこの割引は、一部の自動車保険を除いて、インターネット契約割引との併用が出来ますので、チェックポイントは「お早め契約割引」の金額や率ではなくて、オンライン契約との併用でどのぐらいの割引になるかを見ることです。

また利用してみて気に入った自動車保険だったなら、継続して契約すると継続契約についても割引が適用されるものがあります。継続して続けたくなるような自動車保険を選びたいものですよね。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック