見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険を安くする8つの方法

1年分の保険料を一括して支払う

生命保険の保険料は月払いがほとんどでそれに慣れているためか、自動車保険や火災保険の年払いであることに違和感を持つ方もいるかも知れません。しかし損害保険の保険料は年払いが基本で計算されていますので、月払いで保険料を払い込んだ場合は「割り増し」となります。

つまり年払いが普通の保険料で、月払いはあくまでも割り増し料金で支払っているということです。

自動車保険も分割にしないで年払いで払い込んだほうが、無駄な割り増し分を払わないで済みますから、保険料を節約するなら1年分の保険料を一括して支払ったほうがお得です。

ただしその保険料を調達するのにキャッシングするぐらいなら、月払いで契約してください。
月払いにした場合の割り増し分はおよそ5%ですので、キャッシングの手数料よりは安いはずです。

自動車保険の1年分の保険料を一括して支払うコツは、保険料の総額を下げる努力をするということに尽きるかも知れませんね。
月払いの分割に慣れてしまうと中々改められないものですので、とにかく年払いが可能な安い自動車保険を捜してみましょう。これは通販自動車保険の保険料を見ている特に感じることでもあります。

無理に高い自動車保険に加入しているなら、年払いができそうな安い保険料の自動車保険もあるわけですから、とにかく1年間加入してみても良いのではないでしょうか。

また等級を落とさないように慎重に運転すること、ゴールド免許取得を目指すことなども保険料の総額を下げる上で大事なことです。
極端に言えば、多少補償を薄くしても、一度身の丈に合った保険料にして、年払いで保険料が支払えるぐらいに内容を調整してみるのもひとつの考え方ではないでしょうか。こうすることで運転も慎重になり、等級をランクアップする意識も育ちます。

もちろん自動車保険料の月払いがいけないということではありませんが、自動車保険の保険料は、できれば一括で払い込みたいと考えているなら、保険料を下げるためのやり方など色々考えられるはずです。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック