見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険を安くする8つの方法

親から等級を引き継いで保険料を安くする

自動車保険の保険料は、安全運転を心がけて事故を起こさないドライバーほど安くなり、反対に事故をよく起こすドライバーほど保険料が高くなる仕組になっています。
これは自動車保険の「等級制度」といって、簡単に言えば等級によって保険料の割引率に差をつけているわけです。

はじめて自動車保険に加入した場合は、まず6等級からスタートします。無事に1年間事故を起こさないで保険のお世話にならなければ、次の年はひとつ等級があがり7等級になります。

反対に事故を起こすと等位級は3つ下がり3等級となります。当然次年度の保険料は3等級の割引率が適用され保険料は高くなってしまいます。

事故によっては等級が据え置かれる場合や、無事故と変わらない扱いで等級が上がることもありますが、基本的には事故を起こして保険を使えば等級がダウンして保険料が上がると覚えておきましょう。
ちなみに最高の等級は20等級で、保険料が10万円なら割り引かれて4万円程度で済みます。保険料の負担率から見ても安全運転がいかに大事か分かりますよね。

自動車保険の保険料を決める要素に運転者の「年齢条件」があります。年齢条件は等級ほど、保険料を大きく左右するものではありませんが、18歳の免許取りたての子が自動車保険に加入すると、6等級で年齢条件は「年齢問わず担保」という扱いになり、仕方がありませんが保険料はかなり高いところからスタートせざるを得ません。

ただし自動車保険では、同居親族の等級を譲り受けることが出来ます。もし同居している父親の自動車保険の等級がかなり高い場合は、等級を引き継いで保険料を安くすることを検討してみると良いでしょう。
この場合、父親の等級が20等級でこれを子に譲渡すると、父親の自動車保険の等級は6等級からの再スタートとなりますが、保険料をトータルで見た場合は、

【父】20等級・年齢条件「35歳未満不担保」+【子】6等級・年齢条件「年齢問わず担保」
よりも、
【父】6等級・年齢条件「35歳未満不担保」+【子】20等級・年齢条件「年齢問わず担保」
のほうが、保険料は安く済むのです。


保険料は必ず試算して比較しなければいけませんが、これに近い組み合わせになる場合は、是非検討してみるべきです。

現在ではインターネットでの見積もりサービスが普及したことで、簡単に保険料の見積もりを出すことができるようになりました。保険料の比較は、一括見積もりサービスを利用すればいとも簡単に行なえますので、等級の引継ぎによって保険料がどれくらい安くなるかを調べたい方は、ぜひこのサービスを使ってみることをおすすめします。

ちなみに私は、【インズウェブ】という一括見積もりサービスを利用しています。

「インズウェブ」は、最大20社の自動車保険の保険料を無料で比較できるサービスなので、保険内容を比較しながら、保険料が安い会社を見つけることができます。

私も【インズウェブ】を利用していますが、おかげで年間の保険料が半額になりました。

ただ、見積もりサービスで一つ心配なのが、DMや電話などの勧誘がしつこくかかってくるということではないでしょうか。

私はインズウェウで一括見積もりをして1年以上経っていますが、電話は一件もかかってこないので、 電話勧誘はないと思っていいでしょう。

もし、今の保険に満足していない方や保険の相場を知りたい方は、無料なので一括見積もりを試しに利用してみてはいかがでしょうか。

【インズウェブ】はこちらをクリック

自動車保険の見積もりを、利用する際は、車検証や免許証を手元に置いておきましょう。

インズウェブは、その場(ブラウザ上)で保険料を確認できますから、すぐに保険料を知りたい方にもオススメのサービスかと思います。また補償内容を変更して何パターンか見積もりを出しておいて保存しておくことも可能です。他社の見積もりを出して比較して、じっくり決めることができるので、かなり便利なものです。

補償内容の入力箇所は、ほとんどがプルダウンメニューからの選択入力ですから、自動車保険にあまり詳しくなくても、見積もり条件はすべて入力出来るはずです。また実際に使って疑問に感じたら、そのままネットで検索して調べれば良いので、この見積もりサービスを利用するだけで自動車保険の理解が深まることでしょう。

自動車保険の相場を確認したいなら、この方法がいちばん確実で手早く調べられると思います。

【インズウェブ】はこちらをクリック

もちろん親の方針で、自動車保険の保険料は自分で支払いなさいという場合もあるでしょうから、どこのご家族にも当てはまるものではありませんが、子供が独立するまでは親が保険料をまとめて支払うケースが多いのではないでしょうか。それならなおさら保険料は安く納まった方が良いはずです。

同居している家族が、新たに自動車保険に加入するような場合は、等級の譲渡で保険料が割安になるか比較してみてください。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック