見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険を安くする8つの方法

免責金額を高めに設定する

自動車保険に加入する際につける、つけないで迷うのが車両保険です。車両保険とは、簡単に言ってしまえば、自分の車の損害を補償する保険です。

どんな損害でも自分で修理代が捻出できるという場合や、修理するぐらいなら買い換えるつもりの車というなら無理に高い車両保険をつける必要はないでしょうが、家計からでは賄えないぐらいの高額な修理代が発生することも十分考えられますので、つける方向で検討するべき保険だとも言えます。

保険料のなかでも高いウェイトを占める車両保険ですが、この車両保険を検討する場合に一緒に考えたいのが「免責金額」です。
免責金額とは、自分で負担する車の修理代のことです。

仮に5万円の免責金額を設定していれば、50万円の修理代となった場合でも、45万円が保険から支払われ、5万円は自己負担するということになります。

そしてこの免責金額を高めに設定すると、当然保険料も安くおさまりますので、保険料節約のためにも免責金額は注意して設定しておきたいものです。

たとえば車対車の事故では、相手方の対物保険金額が免責金額に充当されるので、免責金額を全額負担するケースは意外に限られてきます。
また、数万円程度の修理代なら、保険を使わないで自腹で負担した方が、等級を下げることもなく結局お得になります。車両保険は使った金額に関係なく、一度使うと等級が3等級下がります。

等級が下がれば保険料の割引率も下がり、保険料が高くなってしまいますので、車両保険を使うことで結局損してしまう場合があるわけです。

ですから、5万円から10万円ぐらいの免責金額は、はじめからつけておいた方が良いでしょうし、もう少し積極的に保険料を節約するなら、自腹でカバーできそうな修理代よりやや少ない程度で、高めに免責金額をつけておくことも検討してみると良いでしょう。こうすることで、車両保険をつけても保険料はかなり安く抑えることが可能です。

またそうすることで、自然と運転に対しても慎重になりますし、イージーなハンドルワークも少なくなり、予測運転を心がけるようにもなります。
免責金額を高めに設定することは、それだけ緊張感が伴うことになりますが、ある程度運転歴のある方なら、自動車保険の節約方法のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック