見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判

 HOME > 自動車保険を安くする8つの方法

運転者限定特約を利用する

自動車保険の保険料をより安くする方法には、補償対象の範囲を限定するなどの方法がありますが、そのひとつとしてよく使われているものに「運転者限定特約」があります。

「運転者限定特約」は、もともと、ある通販自動車がはじめた特約ですが、今ではほとんどの自動車保険で付帯出来る特約としてポピュラーなものになりました。

運転者限定特約は、保険料を割安に出来る特約ですから、条件に見合った車の使い方をする場合は是非検討してみましょう。

運転者限定特約には、一般的に3パターンの契約形態があります。まず1つ目が「運転者家族限定特約」です。この特約では被保険自動車を運転する人を記名被保険者の家族に限定します。ただし家族であれば誰でも良いというわけではありませんので注意してください。

運転者家族限定特約で対象となるのは、本人、その配偶者、同居親族、別居の未婚の子となっています。従って、別居している家族を持つ子は、この特約の対象とはなりません。家族を連れて帰省した息子さんが、親の代わりに車を運転するということはよくあることですから、この点については十分注意してください。

2つ目の運転者限定特約は「運転者本人・配偶者限定特約」です。この特約は読んで字の如く、被保険自動車の運転者を本人とその配偶者に限定したものです。

お子様が小さく、家族内でその自動車を運転するのが夫婦だけで、臨時で運転する人もまずいないというケースは、親と同居していない子育て世代の家庭の多くに当てはまるのではないでしょうか。この特約をはじめて聞くという方は少ないかもしれませんが、該当する場合は是非忘れずつけておきたい特約です。

そして3つ目が「運転者本人限定特約」です。これは運転者を保険契約者本人に限定した特約で、補償対象が最も絞られることから、保険料の割引率も一番大きくなります。この限定特約がつけられるのは、独身で身内にもその自動車を運転することがまずないという方に限られてきますが、誰にもその車を運転させたくないという場合は、この運転者限定特約をつけておくのもよい方法です。

運転者限定特約を使う上で注意したいのが、当然のことですが保険対象外の運転者には、被保自動車を運転させてはいけないということです。ちょっと運転させるぐらいなら、まず大丈夫と思うかもしれませんが、万一大きな事故に巻き込まれた場合、一番いやな思いをするのは車の所有者です。
保険料を節約できる合理的な特約ですが、利用条件に合うかどうかはきちんと検討した上で付帯するようにしてくださいね。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私もソニー損保と契約していて、56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。


見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

見積もりも5分くらいで出来てしまいました。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック