見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険見積もりについて
保険会社の選び方
割り引きシステムを120%活用
安全装置による割引
契約形態による割引
自動車保険の特約について
車両保険に安く加入するには
自動車保険 口コミ・評判
サイト情報

年間に支払う自動車保険の保険料は、多くの家庭で数十万円にも達していますが、 そのことに何ら疑問も持たない、または疑問は感じているけど改善しようとはしていない方も多いのではないでしょうか。 その保険が適正な内容で、必要不可欠な補償であればいいのですが、 下手をすると自分が加入している保険の内容も理解しておらず、 ディーラーや代理店に言われるがままに更新を続けている人も少なくないかもしれません。

そこで当サイトでは、無駄な保険料を支払わないために、 必ず知っておくべきことをまとめています。

自動車保険の相場というのは、各種限定の仕方や補償のつけ方で保険料は大きく変わってきます。 自動車保険の見積もりサイトなどを利用すれば、 数十社の保険会社の中から、各社のサービスや値段を比較することができます。

保険料の負担が大きいと感じている方は、この機会に自動車保険を見直してみませんか?

見積もり依頼スタート


自動車保険が安くなる8つの方法

ここでは、「自動車保険を安くする」ために、具体的に何をすればよいのか?について8つの方法を解説しています。「少しでも自動車保険を安くしたい」という方の参考になれば幸いです。
運転者限定特約を利用する 免責金額を高めに設定する
親から等級を引き継いで保険料を安くする 長期分割自動車保険を利用して保険料を安くする 1年分の保険料を一括して支払う 早めに契約をして保険料を安くする インターネットから契約を行う 自動車保険の見直しをするときのポイント

ケーススタディ別 賢い保険の入り方

年齢によって自動車保険を見直す 年齢によって自動車保険を見直す
自動車保険は、保険のなかでも見直しがしやすいのが特徴です。暮らし方や環境に変化があった場合は適宜見直してみてはいかがでしょうか。
20歳以下の自動車保険 20歳以下の自動車保険
20歳以下の方の自動車保険は、年齢条件は「制限無し」になるので一番高くなります。ただ、親と同居していていて、車が2台ある場合は、親の高い等級を引き継ぐこともできます。
21歳以上の自動車保険 21歳以上の自動車保険
21歳以上のドライバーは、年齢条件が「21歳未満不担保」になります。年齢条件としてはまだ初期の段階で、保険料はかなり高い時期です。
26歳から29歳の自動車保険 26歳から29歳の自動車保険
26歳から29歳の自動車保険は、年齢条件が「26歳未満不担保」を設定できるようになります。
30歳から40歳の自動車保険 30歳から40歳の自動車保険
30歳から40歳の自動車保険で、その内容を考える場合、いくつかのポイントがあります。そのポイントを紹介したいと思います。
41歳から50歳の自動車保険 41歳から50歳の自動車保険
40代になると自損事故的なものは少なくなっていく傾向にあります。そのあたりも加味して、補償に強弱をつけてみるのもよいでしょう。
51歳以上の自動車保険 51歳以上の自動車保険
安全運転を続けて来た方は、等級的には最高位にまで上りつめている方もいる年代でもあり、自動車保険料はかなり安くなってきているはずです。
自動車保険を見直してみる